ビジネス会計人クラブは、会計人を中心とした専門家のための知識習得と研鑽を目的とした任意団体です。

民法改正(相続法)で税理士が留意すべき実務上のポイント

 昭和 55 年以来、大きな見直しはされてこなかった相続法の分野について、2018年7月、民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律が成立しました。そのうち自筆証書遺言の方式緩和に関する規定は、すでに2019年1月13日に施行(原則的な施行日は2019年7月1日)されており、また配偶者の居住の権利に関する改正規定は2020年4月1日から、そして法務局における遺言書の保管等に関する法律は、2020年7月10日に施行されております。
 そこで、今回の定例会では、「民法改正(相続法)で税理士が留意すべき実務上のポイント」をテーマとして、弁護士 吉田修平氏に解説して頂きます。

日 時 2020年 11月 10日( 火 )
PM 2:00 ~ 4:00
(開場 PM 1:45)
講 演 テーマ
「民法改正(相続法)で税理士が留意すべき実務上のポイント」

<主な内容>
・自筆証書遺言保管制度のメリットとデメリット
・配偶者居住権の制度活用
・遺留分侵害額請求権の留意点
・相続と登記の関係
など

講 師 吉田修平法律事務所 代表弁護士 吉田 修平氏
定 員 会場受講: 40名(先着申込順)
WEBライブ受講: 100名
オンデマンド受講: 定員無し( 11月13日(金)から配信予定 )
受講料 ・ビジネス会計人クラブ会員  無 料
※オンデマンド受講をされる場合は、 BACチャンネル へのお申込みが必要です(2,000円/月)
会員様はページ下部の参加申込フォームよりお申込みください。

・ビジネス会計人クラブ非会員 10,000円/お一人様
非会員様でご受講を希望される方は、下記いずれかによりご連絡ください。
① 問い合わせフォーム:http://www.bac.gr.jp/contact-form
 「お問い合わせ内容」欄に
 ・研修名:第274回定例会
 ・受講方法(会場、WEBライブ、オンデマンド)
 をご明記ください。
② TEL:03-6206-6640

会 場 エッサム神田ホール2号館 3階大会議室
住所:東京都千代田区内神田3-24-5
この研修は東京税理士会・東京地方税理士会・関東信越税理士会の認定研修です(認定時間:2時間)
◆税理士会マルチメディア方式受講について
 WEBライブ・オンデマンド(録画)受講の認定研修の取扱いについては、認定受理後に改めてご案内
いたします。

講師プロフィール

吉田 修平氏
吉田修平法律事務所 代表弁護士

【講師プロフィール】
1952年生まれ。早稲田大学法学部卒業、1982年弁護士登録、第一東京弁護士会入会。1986年吉田法律事務所開設。2007年政策研究大学院大学特別講師。 1994年東京家庭裁判所調停委員。日本相続学会副会長・理事、日本不動産学会理事、資産評価政策学会理事など、外部活動多数(※2019年1月10日及び2月14日テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」出演。2019年6月18日NHK総合「ニュースシブ5時!」出演。)主な著書に、『不動産相続の法律相談』(2020年青林書院・共著)等がある。

お問合せ先 ビジネス会計人クラブ事務局
TEL:03-6206-6640  URL:http://www.bac.gr.jp/contact-form

【参加申込フォーム】

定例会 会場参加希望WEBライブセミナー参加希望
お名前
事務所/会社名
メールアドレス
送信確認 上記送信内容を確認したらチェックを入れてください