ビジネス会計人クラブは、会計人を中心とした専門家のための知識習得と研鑽を目的とした任意団体です。

税理士が携わるべき中小企業M&Aと実務上の留意点

昨今、中小企業の後継者不在問題は深刻な状況が続き、国でも様々な事業承継支援を講じています。
そのようななか、以前に比べて経営者のM&Aに対する受け止め方が変わってきたことや、コロナ禍による先行き不安などから、急速にM&Aのニーズが高まってきています。
中小企業の一番身近な相談相手は顧問税理士であり、経営者の事業継続に対する不安をキャッチし、その先の方向性をアドバイス・支援することは、もはや「税理士としてすべきこと」ではないでしょうか。
そこで今回は、中小企業を専門として多くのM&Aに携わっている、かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社 代表の佐武 伸氏より、「税理士が携わるべき中小企業M&Aと実務上の留意点」という内容でお話をして頂きます。

日 時 2021年 11月9日( 火 )
PM 2:00 ~ 4:00
(開場 PM 1:45)
内 容 「 税理士が携わるべき中小企業M&Aと実務上の留意点 」

<主な内容>
・コロナ禍の中小企業M&A、再生案件の状況
・今後急増する赤字・債務超過、資金繰り難案件の対応方法
・税理士が積極活用すべき不動産M&Aとは
・M&A補助金と経営資源集約化税制の活用方法
など

講 師 かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社 代表取締役 佐武 伸氏(公認会計士・税理士)
定 員 会場受講: 50名(先着申込順) ※会場定員の1/3

WEBライブ受講: 100名(先着申込順) 【 申込期限:11月8日(月) 】

オンデマンド受講: 定員無し( 配信期間:11月12日より1年間 )
※会員様がオンデマンド受講をされる場合は、別途 BACチャンネル へのお申込が必要です

受講料 ・ビジネス会計人クラブ非会員 10,000円/お一人様
非会員様でご受講を希望される方は、下記いずれかによりご連絡ください。
① 問い合わせフォーム:http://www.bac.gr.jp/contact-form
「お問い合わせ内容」欄に下記2点をご明記の上、送信ください。
・研修名:第286回定例会
・受講方法(会場、WEBライブ、オンデマンド)
② TEL:03-6206-6640
会 場 エッサム神田ホール2号館 3階大会議室
住所:東京都千代田区内神田3-24-5
東京税理士会・東京地方税理士会・関東信越税理士会の認定研修です(認定時間:2時間)
対象:会場受講、WEBライブ受講、オンデマンド(録画)受講

講師プロフィール

佐武 伸氏
かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社 代表取締役
公認会計士・税理士

<職歴>
朝日監査法人 (現あずさ監査法人) にて上場企業数十社の会計監査、システム監査、株式公開準備 (IPO) プロジェクト等に参画。その後、奥田公認会計士事務所で中堅・中小企業の国内・国外税務戦略立案、株価対策、IPO等の幅広いコンサルティング業務に従事。関西学院大学商学部卒、米国サンダーバード国際経営大学院卒 (MBA取得、国際経営及び企業評価専攻)

お問合せ先 ビジネス会計人クラブ事務局
TEL:03-6206-6640
URL:http://www.bac.gr.jp/contact-form

【参加申込フォーム】

定例会 会場希望WEBライブ希望
人数  
WEBライブ参加
のメールアドレス記入欄

※複数名の場合、メールアドレスをご記入ください。
 各アドレス宛に、WEBライブ視聴ご案内をお送りいたします。
お名前
事務所/会社名
メールアドレス
送信確認 上記送信内容を確認したらチェックを入れてください