ビジネス会計人クラブは、会計人を中心とした専門家のための知識習得と研鑽を目的とした任意団体です。

吉田修平法律事務所

吉田 修平弁護士

吉田修平法律事務所は不動産を最も得意分野とする法律事務所です。

主宰者である吉田弁護士は、定期借家権の議員立法に協力し、それ以降、終身借家権の立法、担保執行法の改正、特に短期賃貸借保護の廃止等に尽力。最近では不動産登記法の改正に伴い、いわゆる「中間省略登記」が行えなくなったことに対し、内閣府・規制改革会議に協力し、法務省・国土交通省とも協議を行い、「中間省略登記の代替手段」を確立することに尽力してきました。
従って、吉田修平法律事務所は、不動産の中でも、とりわけ借地借家法を最も得意分野とするとともに、十分かつ豊富な知識・経験及び実績を有しております。

また、主宰者の吉田弁護士は平成6年以降、家庭裁判所の調停委員を務めており、そのため、相続と不動産との関連事件も数多く取り扱っております。
更に、平成12年に「高齢者居住法(終身借家法)」の立法に携わったことから、平成23年4月の同法(略称が変更され「高齢者住まい法」)が改正され、「サービス付き高齢者向け住宅」制度の創設に伴う参考契約を作成する作業にも吉田弁護士が携わることになりました。高齢者の住まいについても得意分野の一つです。

今後も不動産を中心にした最先端の情報提供と親身になったリーガルサービスを提供していくために、不断の努力と研鑽を続けて参ります。

相続・事業継承 再編・再生・整理 国際税務 M&A 一般税務・会計
各種コンサルティング 訴訟関係 登記/特許/許認可申請 保険 不動産
人事・労務 オペレーティングリース 証券 ソフトウェア
経歴 昭和 52年   早稲田大学 法学部卒業
昭和 57年   弁護士登録 第一東京弁護士会入会
昭和 61年   吉田法律事務所開設
平成元年 9月  早稲田大学法職課程教室講師
同 6年 4月  東京家庭裁判所調停委員
同 6年     建設省・定期借地権活用住宅研究会・事業小委員会委員
同 9年 3月  建設省・定期借地権活用住宅研究会・管理小委員会委員
同10年 4月  神奈川大学法学部講師
同10年 6月  建設省・定期借地権活用住宅研究会・金融小委員会委員
同12年 6月  高齢社会に対応した安心して暮らせるまちづくり研究会・委員(定期借地権を利用したリバースモーゲージの研究会)
同12年 7月  建設省・高齢者の生涯借家に関する委員会委員
同12年12月  建設省・住宅市場環境整備計画検討委員会委員
同13年 3月  国土交通省・終身建物賃貸借検討委員会委員
同14年 2月  国土交通省・地方住宅供給公社検討委員会委員
同14年 9月  国土交通省・公営住宅管理研究会委員
同14年11月  厚生労働省・雇用促進住宅基本課題検討会委員
同15年 2月  国土交通省・マンション建て替えの円滑化に資する借家制度の在り方に関する検討委員会委員
同15年10月  国土交通省・賃貸住宅市場整備研究会ワーキングチーム委員
同16年 5月  東京都都市整備局・東村山市本町地区プロジェクト審査委員会委員
同16年 8月  定期借家推進協議会・居住用定期借家マニュアル検討ワーキンググループ座長
同17年 4月  神奈川大学法科大学院講師
同17年10月  経済産業省・事業承継関連相続法制検討委員会委員
同17年12月  国土交通省・高齢者専用賃貸住宅研究会委員
同18年 3月  法務省・競売制度研究会委員
同18年 8月  国土交通省・空港土地等貸付検討会委員
同19年 2月  経済産業省・相続関連事業承継法制等検討委員会委員
同19年12月  政策研究大学院大学客員教授
同21年 2月  国土交通省・社会資本整備審議会臨時委員
同23年 7月  国土交通省及び厚生労働省・サービス付き高齢者向け住宅の登録制度に係る参考とすべき入居契約書等の検討会委員
同23年12月  国土交通省・マンションの新たな管理ルールに関する検討会委員

【大学関係】  政策研究大学院大学客員教授
【所属学会】 ①日本不動産学会 ②都市住宅学会 ③法と経済学会 ④資産評価政策学会
業務内容 ・ 借地借家法(特に定期借地権定期借家権)
・ 倒産法
・ 相続事業承継を主な専門分野とする訴訟
・ 法律相談及びコンサルティング活動
・ 上記に関連する講演会・セミナー等活動
・ 新聞・雑誌等を含めた社員教育用の社内誌等への原稿執筆活動

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容

研修会ライブ・動画配信サービス

次世代の専門家と経営者が
「経営」を学びにビジネス交流する

会員専門家間の無料マッチングサービス

ビジネス会計人クラブ専門家ビルは、各種資格の専門家が一つのビルに入居して、
企業の相談をすべてそこで完結できる仮想ビルディングです。