ビジネス会計人クラブは、会計人を中心とした専門家のための知識習得と研鑽を目的とした任意団体です。

特許業務法人 創成国際特許事務所

酒井 俊之福島事務所所長

まずは、ご相談いただければと思います。
知的財産のツールを活用したそれぞれの会社の支援メニューの骨子をその場でご提示致します。 

相続・事業継承 再編・再生・整理 国際税務 M&A 一般税務・会計
各種コンサルティング 訴訟関係 登記/特許/許認可申請 保険 不動産
人事・労務 オペレーティングリース 証券 ソフトウェア
経歴 1976年生まれ、福島県伊達市出身。
慶應義塾大学理工学部情報工学科卒。慶應義塾大学大学院基礎理工学専攻修士課程修了。
2003年、弁理士試験合格。
2004年、弁理士登録。
同年、創成国際特許事務所入所。
2008年、福島事務所開設にあたり所長に就任。
地方公共団体や新聞社主催の各種セミナーの講師として活躍する一方、福島事務所にて事業モデル「知財制度の活用戦略」を展開。東北中川工業(株)の成功事例では出願から20日で登録査定という早期権利化のモデルを実現。
その他、東北経済産業局特許室『東北地域知財経営定着及び知財活動復興支援事業』総括委員、東北工業大学非常勤講師。
業務内容 知的財産のツールをフル活用して、企業支援を行っています。
  具体的には、企業の経営課題や事業計画から、知的財産のツールを使うことで解決できる支援メニューを策定し、策定した支援メニューを段階的に実行していきます。これにより、企業が現在抱える経営課題を解決に導くと共に、知的財産権を背景とする自社優位のビジネスモデルを形成することで、事業計画の実現を図ります。
  このような知的財産の支援メニューは、事業承継やM&A対策にも適用可能であり、そのようなコンサルティング業務を弁護士・中小企業診断士と共に行ってきています。
  また、最近は、中小企業のみならず大企業や国の事業において、知的財産の情報の分析・解析を数多く行っています。例えば、特許情報を活用して取引先や販路を開拓したり、また別の場面では、自社や他社の特許の取得情報をパテントマップで解析して、自社の現在の競争力を分析したり、さらには、新事業の立ち上げを行うべきか否かの客観判断資料を提供したりしています。このようなパテントマップによる解析は、上場企業における役員会の資料のみならず、株主総会向けの資料としても活用が期待されています。

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容

研修会ライブ・動画配信サービス

次世代の専門家と経営者が
「経営」を学びにビジネス交流する

会員専門家間の無料マッチングサービス

ビジネス会計人クラブ専門家ビルは、各種資格の専門家が一つのビルに入居して、
企業の相談をすべてそこで完結できる仮想ビルディングです。