ビジネス会計人クラブは、会計人を中心とした専門家のための知識習得と研鑽を目的とした任意団体です。

民法(相続法)改正のポイント

2018年7月6日、相続に関する民法(以下「相続法」)を改正する法律が成立、同月13日に公布されました。今回の改正は約40年ぶりの相続法の大きな見直しとなります。
改正では、これまでの規定の修正や追加のみならず、配偶者の居住権、預貯金の払戻し、自筆証書遺言の保管制度、
相続人以外の者の貢献など新規規定も多く盛り込まれています。
これらの改定は、項目ごとに公布から6か月以内、1年以内、2年以内に施行されることとなり、これから相続対策を提案する上で、改正内容の理解は必須であるといえます。
そこで今回は、弁護士 吉田修平氏をお迎えし、相続法改正のポイントについて解説をして頂きます。
多数の参加をお待ち申し上げております。

日 時 2018年11月 8日( 木 )
PM 6:00 ~ 8:30
講演 テーマ
「 民法(相続法)改正のポイント 」

【主な講演内容】
1.配偶者の居住権を保護するための方策
2.遺産分割等に関する見直し
3.遺言制度に関する見直し
4.遺留分制度に関する見直し
5.相続の効力等に関する見直し
6.相続人以外の者の貢献を考慮するための方策
講師 吉田修平法律事務所 代表弁護士 吉田 修平氏
受講料 ビジネス会計人クラブ会員  無 料(1事務所 10名様まで)
※ 11名様以上より1,000円/お一人様
(追加人数分の資料代は当日、受付にてお支払い下さい)
会  場 エッサム神田ホール2号館 3階 大会議室
住所:東京都千代田区内神田3-24-5

※地図をクリックするとエッサム神田ホールホームページ内、アクセス案内ページが開きます
この研修は東京税理士会・東京地方税理士会・関東信越税理士会の認定研修です(認定時間:2.5時間)
※ 当日、受付にて出席簿に所属支部・登録番号をご記入ください。
研修会インターネット配信 今回ライブ中継を行います。録画配信は11月13日(火)を予定しております。
※ライブ中継・録画配信の視聴は税理士会の申請対象になりませんので、予めご了承ください。

講師プロフィール

吉田修平法律事務所 代表弁護士 吉田 修平氏

1952年生まれ。早稲田大学法学部卒業、1982年弁護士登録、第一東京弁護士会入会。1986年吉田法律事務所開設。
2007年政策研究大学院大学客員教授。 1994年東京家庭裁判所調停委員。
日本相続学会副会長・理事、日本不動産学会理事、資産評価政策学会理事など、外部活動多数。
(※2017年2月28日NHK総合クローズアップ現代+「さらば 遺産“争族”トラブル」、
2018年5月3日BS日テレ深層NEWS「相続と遺言」出演)。

お問合せ先 ビジネス会計人クラブ事務局
TEL:03-6206-6640  URL:http://www.bac.gr.jp/contact-form
定例会 参加不参加

※参加の方は参加人数を選択してください。
お名前
事務所/会社名
メールアドレス
送信確認 上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

研修会ライブ・動画配信サービス

次世代の専門家と経営者が
「経営」を学びにビジネス交流する

会員専門家間の無料マッチングサービス

ビジネス会計人クラブ専門家ビルは、各種資格の専門家が一つのビルに入居して、
企業の相談をすべてそこで完結できる仮想ビルディングです。